もしもの時役に立つアフターピルをご存知ですか?

StumbleUpon にシェア
Pocket
email this

コンドームを使用していても破けてしまった、膣外への射精なら大丈夫だろうという相手の甘い考えなど。
セックスの時どんなに気を付けていても妊娠のリスクはあります。
もし妊娠が心配な時、アフターピルという選択肢があるのを知っている人はまだ少数のようです。

緊急避妊薬72時間以内なら効果アリ

アフターピルとは通常のトリキュラーやアンジュといった低用量ピルとは少し違います。
避妊を目的としている点は同じですが、中用量のピルを使います。
ホルモンのバランスを急に変えることで効果を発揮します。
性行為後72時間以内に服用すると効果がありますが、早い方がより効果が高いといわれています。

どういった仕組みで避妊できるのか

アフターピルは受精卵の子宮への定着を妨害することで避妊します。
80%以上の確率で避妊できるといわれています。
しかし受精卵が定着してからでは効果がありません。
これが72時間以内といわれるゆえんです。

ノルレボ錠は厚生労働省も許可している

アフターピルには大きく分けると2つの方法に別れます。
ヤッペ法とノルレボ錠です。
ヤッペ法はもともと緊急避妊を目的としていないプラノバール錠を使う方法です。
しかし副作用が大きくいまではあまり使われていません。
一方ノルレボ錠は厚生労働省が緊急避妊用と許可したアフターピルで、副作用が少ないのが特徴です。
いまではこちらの使用がほとんどです。

アフターピルは医療機関で処方してもらいましょう

アフターピルは基本的に市販では買えません。
保険も効かないので、結構高額です。ノルレボ錠で15,000円ほどします。
しかも避妊効果も100%に近いとはいえず、時間が経つほど効果がなくなっていきます。

やはり通常の避妊が大切

アフターピルは「緊急」避妊といわれるように、本当に困った時のみ頼るべきです。
アフターピルがあるからと普段から避妊しないのは良くありません。
妊娠を避けたい人はコンドームや通常の低用量ピル、トリキュラーやアンジュを使った方が良いです。

いざという時には役に立つアフターピルですが使わないセックスライフが一番です

パートナーと信頼関係が築けていれば、必要ないものだといえるでしょう。
本当にあなたを愛しているパートナーならばきちんと避妊をしてくれるはずです。
そうでないパートナーだったならあなたが普段から気を付けて低用量ピルを飲んでおいた方が良いです。

万が一のために知っておくことは大切です。
しかし安易なセックスや避妊できるのにしないのは問題です。
もし妊娠してからお互いまだ子供が欲しくないとわかったら…。
大変なことになることが容易に想像できます。
普段から性別に関係なく妊娠を回避できることはやっておきましょう。

StumbleUpon にシェア
Pocket
email this